中国語 日本語

暖烘烘のピンイン(発音記号)と読み方

ピンイン(発音記号): nuǎnhōnghōng (nuan3 hong1 hong1)  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ヌゥァン ホォン ホォン 
主な意味:  [形容詞] (〜的)ぽかぽかと暖かい。
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
nuǎn - hōng - hōng
発音記号カナ(目安)発音の仕方
nuǎn
[暖]
ヌゥァン 
「n」は、口を指一本くらいに軽く開けて、舌の先を上前歯と歯茎の間にあてる。その状態から、息を鼻から抜くと同時に舌先を離し、「ナ」と発する。
「uan」は、「ウァン」。最初に「u」は日本語の「ウ」よりも唇を丸くして、強く発する。続けて発音する「a(ア)」は、前の「u」に影響されて「ア」と「ワ」の間の音に聞こえる。最後の「ン」は、舌先を上前歯と歯茎の境目より少し上にあてて、しっかり音を出す。「ン」の音が伸びないように気をつける。
--uanの注意点--
・前に子音が付かない場合は、「uan」は「wan」と表記される(wは音節の境目を表す)
---------------
「nuan」と続けて、「ヌゥァン」となる。

「ǎ」は第三声。中音からはじめて、ゆっくりと低音に移動して、一気に中音に戻す。
hōng
[烘]
ホォン 
「h」は、舌の後方を上あごに近づけて、その間から、「ハー」と息を吐く要領で発音する。感心したときに出る『ほぉー』という声を摩擦させた感じであり、後ろの母音と合わさることで「ハ行」に近い音になる。
「ong」は、「オン」。「オ」は、単独で「o」の発音するときよりも、口を突き出し丸めて言う。日本語の「ウ」に近い口になるので、音も「ウ」と「オ」の中間のような「オ」になる。「ン」は、口を軽く開けたまま、舌の奥を持ち上げて(舌先をどこにも付けずに)発する。
「ong」の前には、必ず子音が付く。
「hong」と続けて、「ホォン」となる。

「ō」は第一声。高い音程を保ちながら、そのまま伸ばす。
hōng
[烘]
ホォン 
「h」は、舌の後方を上あごに近づけて、その間から、「ハー」と息を吐く要領で発音する。感心したときに出る『ほぉー』という声を摩擦させた感じであり、後ろの母音と合わさることで「ハ行」に近い音になる。
「ong」は、「オン」。「オ」は、単独で「o」の発音するときよりも、口を突き出し丸めて言う。日本語の「ウ」に近い口になるので、音も「ウ」と「オ」の中間のような「オ」になる。「ン」は、口を軽く開けたまま、舌の奥を持ち上げて(舌先をどこにも付けずに)発する。
「ong」の前には、必ず子音が付く。
「hong」と続けて、「ホォン」となる。

「ō」は第一声。高い音程を保ちながら、そのまま伸ばす。
キーワードをランダムでピックアップ
剧本网络新闻流水不腐,户枢不蠹酥脆诡诈凡尔赛爱滋病掉花枪闹穿长寿菜撞锁对决-不得喜丧捣腾界限骨瘤彪彪愣愣
中国語 日本語